男からみたセックスレス

セックスレス6年で感じたことなどをだらだらと。

話し合いをしてわかったこと。

スマホからですよ!
なかなか書く機会がないです!

話し合いでわかったこと

いったいどう思っているんだろう、すごく気になっていました。

・メールを読んで
一度読んでから、怖くて何もできなくなった。
自業自得、優しさに甘えていた自分を責めた。
怖くて繰り返して読むことはできなかった。

・拒絶したときの気持ちについて
ものすごく悲しい顔していたのは気づいていた。
ただ、ここまで何も接触なくなるとは思っていなかった。
いつまでも求めてくれると思っていた。甘えていた。
自分がされたらと思うと同じように触れなくなっていたと思う。
自分からは誘えないくせに、拒絶なんてとんでもないことをしてしまった。

・6年なかったことについて
この人、どうしているんだろうと思っていた。
こちらから拒絶した手前、歩み寄れなかった。断られるんじゃないかと思うと怖かった。
話し合いしたときに離婚事由になると聞かされていたが本気にしなかった。
悲しさや辛さについて、感じてはいたが真剣に考えなかった。

・恋愛感情について
子どもたちをいっぱい愛してくれているのは感じていた。
これは、私を愛しているからしてくれているんだと思っていた。
甘えていた。

・不満はあったのか
何もなかった。
優しい人だし、何一つ文句言わずなんでもしてくれる人だったから、甘えていた。
いつでも笑顔で優しくしてくれていたから、全てを当たり前に感じていた自分がいた。

・恋愛感情がなくなったことについて
いつでもいっぱい愛情表現してくれていた。
あなたは付き合った時から何も変わらなかった。
何も考えずに拒絶した自分が悪い。変わったのは自分だった。
できることはなんでもする。もう一度好きになってもらう。

・死にたいと思っていたことについて
冗談だと思っていた。
泣き言を言わない強い人だったから、真剣に考えられなかった。
なんのケアもしなかった自分がばかだった。

・新しいパートナーを探したいということについて
絶対に嫌。
この人の笑顔や優しさを他の人に取られたくない。
あなたなら、どんな子だろうが好きなる、それだけ魅力的な人。
見つけないでほしいし、他の人に見つけてほしくない。

・全て今更になってしまったこと
全て自分が悪い。後悔しかない。
失うまで気づかない自分の馬鹿さに悲しくなる。
6年もなければ気持ちを失うのは理解できる。
絶対に離したくない。
愛している。離れてほしくない、離さない。


とのことでした。
なんか僕自慢みたいになってますね! ぐへへへ!
僕の気持ちは後日!